ショートコント:対話

 



登場人物 T・・・鬼百合
     S・・・うさんくさい聖職者。セリ男。

【その1 甘味】
T「よぉS。くれてやるからコレ喰え(投げ渡す)」
S「(受け取り)ふむ、チョコレート。(まじまじ)」
T「…何見てやがんだ。」
S「いや、義理か本命か掴みかねてね。」
T「パチンコの景品だっつーの。」
S「ふむ。某コンビニでは見かけなくなったVIPなチョコレート…52玉。」
T「あー、そんな玉数だったかってお前何で知って」
S「やや本命、と」
T「誰がだ。あとメモるな。それとお前人の話聞け」

(誰も『バレンタインは11月じゃねえ』と突っ込まないまま)

【その2 郵政民営化】
T「いいんじゃねえかあ?」
S「メリットの方が国民全員の為にはなるだろうが…デメリットも否定できない程度にはあるがね。」
T「俺、簡保も地方居住でもねえしなァ」
S「自民党が支持されたことが、国民のそういった考えを如実に表していると言えるが…これが民主主義かと思うと、些か微妙なものだ。」
T「よおよおそう言やよう、ウチの地方ってよ、選挙行くとひまわりの種くれんだよな。」
S「しかし地方VS都市部の戦いというと、某米の国大統領の選挙を思い出す。歴史はやはり繰り返すものだ。状況も同じなら結果も同じだ」
T「炒めて喰ってみたらマジぃんだよこれが。よく見たらアレなのな、油の少ないやつなんだよ。違いがあるってマジ初めて知ったぜ。」
S「ならば某大統領のような結果が政権の先に待っているというのか? 新憲法前文の行く末が楽しみだな。圧制や人権侵害をどこまで武力で断絶する気かな。」
T「仕方ねーからハムスターにやったらコレも喰わねーんだよ。半分齧って残しやがって。更に仕方ねーっつって弟が庭に植えたらちゃんと生えたんだぜひまわり。スゲーなひまわり。ナイス生命力」
S「痔由民主党の出方次第で今後の自衛隊のあり方、ひいては国の在り方が変わるだろう。某神社参拝が英断と称えられる日は遠そうだが――…ね。」

(二人の共通点:通知表に『人の話を聞きましょう』と万年書かれた事)

【その3 芸術】
T「(爆睡)」
S「(レム睡眠)」

(僅かにして決定的な人間の差)

【その4 芸術2】
T「あ?」
S「まあ、偶には良いんじゃないか。」
T「絵だァ? 腹も膨れねーし意味わかんねーし眠ィし…」
S「だがしかし、危険物に親しんでおくのは有益だろう。前衛としては。」
T「危険物? 見てっと7日後にもれなく死ぬとかそんなか?」
S「違う違う。何故、絵画がよく取り締まられるか判らないのかね?」
T「??」
S「知らないか? とある高名な芸術家がこう言った。『芸術は即ち爆発物だ』と」
T「何ィ!?」
S「絵画・彫刻…これらは高価な物ほど爆発物としての純度が高く、素手で触ることすら忌避される恐るべき兵器なのだよ。よって、殆どの有名絵画は美術館の地下シェルターに隔離され安全をたもたれねばならない。」
T「おぉ、そういやあ警備員が立ってるよな…」
S「だが稀に、非常に稀に、絵画はその価値を惜しまれ人目に晒される。今回などはまさにその稀な機会だ。冒険者として危険をその肌で知る機会と言えるな。」
T「お、おー!」

(副題;インテリヤクザと突っ込みボケ)


【その5 オチ】
S「一日の内に、これほど君と口を利いたのは初めてかも知らんね。」
T「二度といらねーよンな機会」
S「おや、何故だね?」
T「お前ほど早めに滅びた方がいい人間も珍しいぞマジで」
S「俺は誠実だよ、これ以上ないほどに」
T「…もうそれ以上何もいわず黙って滅べ。ホントに。」
[PR]
by radium_plus | 2006-12-07 11:38 | Works:The Bishop
<< 【ウーズ・デメルテ・フォルチ】 【タイガーリリィと暗闇の部屋】 >>